2009年03月25日

マクロビオちっくなカフェへ

今週末のお宝屋は“マクロビオちっく・ママカフェ”の
「あらしっく」さんです。お初です。

穀物、野菜、海草、豆腐などの植物性タンパク質を中心とした
昔の日本人の食生活。
人間が本来持っている自然のバランスを取り戻し、
自然体で生きるための食事療法とされています。

自身の体調と向き合うことからそんなマクロビにであい、
お子さんの食事にも取り入れている今回の出店者のかた。
さまざまな情報に惑わされて敷居の高いものと感じるのではなく、
みんなでおいしさや楽しさを共有して、安心して食べられるもの、
本当に体にいいものを、こどもたちの世代に伝えていきたい。
そんな想いをお持ちです。

友人たちを中心にした料理教室などを開催してすごく好評だったことや、
同時にアレルギーを持つこどもと一緒に行ける飲食店が本当に少ないこと、
こういった人たちが気軽に集える居場所があれば・・・と今回応募してくれました。

素材の味を活かした料理はシンプルにおいしい。そして体が本当に
喜んでいるかんじ。
まずは自分自身の体で実感し、そこからいろいろなことが見えてきそうです。

当日は、お子さまが遊べるおもちゃスペースや、授乳・おむつ替えスペースも
ありますので、ごゆっくりできますよー。

また、メンバーの方もとても気さくな方なので、この機会に是非
調理方法など聞いてみて下さいね♪


■■あらしっく■■

日時 09年3月29日(日) 11:30〜15:00頃
場所 NICO


−menu-
[おとな用プレート]1000yen
・無農薬玄米ごはん(よーく噛んでくださいね)
・豆乳の野菜スープ(安全な野菜たっぷりのスープ。)
・高きび焼き(お肉みたい!?なヘルシー主食)
・白菜とリンゴのさっぱりサラダ(砂糖不使用のドレッシング)
・オーガニックバナナケーキ(卵、砂糖、乳製品不使用)
プラス200yenでオーガニックコーヒーORオーガニックハーブティ付き

[お子ちゃま用プレート]500yen
・豆乳野菜リゾット(豆乳が苦手でもきっとお気に入り!)
・高きび焼き
・オーガニックバナナケーキ(卵、砂糖、乳製品不使用)
プラス200yenでりんごと人参のジュース付き

posted by お宝屋 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

09年3月コラム

「さのちゃんのぱんやさん」の原点 文・さのちゃん

「さのちゃんのぱんやさん」をスタートして、はや2ヶ月。
スタート前の準備で最後まで迷ったのは、じつは店の名前。

以前から芝楽市で、「さのちゃんのワッフル」と名づけたワッフルを
販売したりしていて、その流れから、店の名前に「さのちゃん」を入れたほうが良い、
と思ってはいました。

ただ、電話出る時、「もしもし、さのちゃんのぱんやさんです!」
って出るんは恥ずかしいな〜、とか、宣伝する時、自分の名前をそこまで
全面に出すのもいかがなものかな〜、とか色々考えて、「日だまりパン屋」という、
無難な名前も用意していたのです。

そんなときもらった、決め手になった一言。

「『さのちゃんのぱんやさん』って、絵本に出てくるみたいな感じで、
良いと思うんやけど。」


絵本、って聞いて、自分のパンや食べ物に対する思いの原点を
思い出した気がしたのです。

子供のころ、大好きだった絵本のタイトルの一部を挙げると、


「からすのパンやさん」

「だいふくもち」

「おおきなおおきなおいも」

「はらぺこあおむし」

「ぼくのぱん わたしのぱん」

「たべられる きのみ」・・・。


みごとに食べ物の本ばっかり。

ちょっと大きくなって、字の多い本を読むようになっても、食べ物への
執着は相変わらず。

「エルマーのぼうけん」という本では、冒険そのものより、非常食として
持っていく「ももいろのぼうつきキャンデー」の味のほうが気になって仕方がない。

「ロッタちゃんのひっこし」という翻訳物の童話では、「ポークチョップ」
という未知なる食べ物の姿をあれこれ想像しては楽しんでいました。


こんな「さのちゃんのぱんやさん」の原点となった絵本たち。

営業時に展示しますので、手にとってぜひ読んでみてくださいね。


sanochanillust.jpg



posted by お宝屋 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さのパンブログ

毎週月曜日の朝からせっせとパンを焼き、幸せな香りを
放っている「さのちゃんのパン屋さん」。

パン写真たっぷりのさのちゃんブログが完成したようなので
リンク貼ります。

◎さのちゃんのパン屋さんブログ
http://sanochan-panya.spaces.live.com/blog/

お腹が鳴り出す午後3時あたりに見ると危険です。

posted by お宝屋 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | さのちゃんのパン屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポカポカ日和のHAHAcafeへ〜

3連休の最終日、22日の日曜日はおなじみの「HAHAcafe」です。

子育て中の母たちが中心となって愛情たっぷり♪の体にも優しい
ランチやケーキ、クッキーなど作ってくれます。

今回は、初の“和食ランチ”とのことです。しかもスタッフの方の
ご実家の農家直送野菜を使用!これは嬉しいですね〜。

それに合わせてのデザートで気になるのが「桜モンブランタルト」。
う〜〜ん美味しそう!ちょっぴり大人な味かな…?
こちらも旬の莓を使ったケーキや、和に合いそうな黒糖あんケーキ。
HAHAカフェさんに行くとわたくしいつも本気で何にしようか悩んでしまいます…笑。
どれも食べたいんダモン!

d0080256_14373372.jpg

d0080256_14374720.jpg

主宰の麒麟cafeさんブログから写真転載してます。どれもこれも
美味しそう・・。ほかにも写真いっぱい載ってますよ〜。


そのほかスタッフの方の手づくり雑貨やクッキー、またお子さまが
遊べるおもちゃスペース、授乳、おむつ替えスペースもありますので
ほんとにゆっくりできます。

春の風が心地よい今日この頃、お散歩にもちょうどよいかと。是非♪


■■HAHA cafe■■

日時:09年3月22日(日) 11:00〜16:00
場所:NICO

--menu--

・和食ランチ
(野菜たっぷり具沢山の豚汁・たまご焼き・大根ときゅうりの自家製ピクルス)
メインは 鶏肉とごぼうの かしわ飯♪

※ちょこっと盛りのミニランチプレートもあります。

・プチパンサンド(¥150) 

・キャラメルアップルパイ〜キャラメルソース添え〜(乳製品・ナッツ類)
・桜モンブランタルト(乳製品・ナッツ類・卵) 

▽植物性の材料のみで作るスイーツ 
・旬のフレッシュ苺を使ったいちごのケーキ 
・国産の小豆を黒砂糖で炊いた 「黒糖あんケーキ」の盛り合わせ 
・苺のベイクドチーズケーキ(卵・乳製品)

(各¥400)
テイクアウトもあります。

▽クッキー(各¥150)
・黒糖キューブ(乳製品・ナッツ類)
・桜きなこキューブ(乳製品・ナッツ類・大豆)
・ロミアス(乳製品・ナッツ類・卵)
・さつまいもクッキー (乳製品)
・米粉のキャラメルクッキー 
・紅茶クッキー (大豆)

クッキーは試食もあります。

ほかドリンク、雑貨などもありますのでお楽しみ下さい。

◎授乳・オムツ替え・乳児&幼児のお昼寝などができる屋内スペース
 
◎優しい素材のおもちゃのあるキッズスペース

◎メニューに卵&乳製品ゼロのケーキやクッキー

◎お子様食の持込OK 
 
◎ゆったりした多目的トイレにトレーニング用補助便座をご用意

◎お菓子教室 アロマテラピーなど 
 1dayで気軽に参加できる箕面市内の教室や癒し空間の情報を発信

posted by お宝屋 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

豆豆豆!の日。

6月から育てて収穫した大豆をつかって、昨日みんなで味噌づくり会をしました!

RIMG0901.jpg

自己紹介の最中。手前の鍋は、豆腐作りのための呉汁と、朝から煮た大豆。
どちらも前日の夕方から水に浸しています。

RIMG0903.jpg

こちらは畑作業にもたくさん来てくれてたレボ婦人部の皆さん。と三ちゃん。
腰を痛め汗を流して育てた大豆を仕込むのは感慨深いです。

RIMG0908.jpg

材料の重さを量って分けていきます。今回は麹:生大豆:塩の割合を
それぞれ2:1:0.6でつくりました。麹をふんだんに使った贅沢割です!

RIMG0912.jpg

煮上がった大豆を冷めないうちにすりつぶしていきます。
ビニールに入れてすりこぎでつぶしたり

RIMG0914.jpg

3人がかりですり鉢でつぶしたり。2人ですり鉢を回しながらという役割分担・笑。
ビニョーに添えられない左手が気になる・・。

RIMG0915.jpg

こちらロシアからのお客さま。味噌をつくりにはるばる海を越えてやってきたのさ。(ウソ)

RIMG0920.jpg

こちらはあまりの量の多さに途中までフードプロセッサーを使って潰していく組。

RIMG0919.jpg

いい具合になってきました。次は塩切りした麹と混ぜ合わせます。

RIMG0929.jpg

畑作業、皆勤賞のけんたろうもこの笑顔。嬉しいね。

RIMG0928.jpg

大豆と麹がムラなく混ざり合ったら、味噌ボールを作って容器に投げるように入れます。
こうすると空気が抜けていいらしい。真剣な表情のお嬢、タッパ目指してひと玉投じます!

RIMG0926.jpg

味噌仕込みがひと段落したら、豆腐づくりです。一晩浸した大豆を浸し水と一緒に
ミキサーにかけ、それをコトコトと煮ていきます。(呉汁ができます)
ここまでは事前にやっていたので、写真は呉汁をサラシで包んで絞っているところです。
かなりきつく絞らないといけないので熱いのをがまんしてみな真剣です!

RIMG0934.jpg

出てますデテマス!ここで絞ってできるのが豆乳とおからです。
チーズづくりと行程も見た目も似てますね。

RIMG0936.jpg

おから団子できました!なんどか試作した中で一番きめ細かくできました。
たぶんこの日使ったミキサー具合がよかったのかな?

RIMG0938.jpg

おからをつかってうの花を作り食べました。(華おからではないですが。)
素朴な味でおいしかったです。

RIMG0942.jpg

そして豆腐はというと・・・
みなさんのこのなんともいえない表情を見れば分かるかと・・。
いや、失敗ではないんですが、なんというかユルい。ユルユル。

実はこの日までに豆腐の試作を3回やっているんですが、
見事3回ともうまくいかなかったんです。・・・。
にがりの量や豆乳の温度、いろんなパターンを試したんですが、やはりユル〜でした。
一晩水切りしたら普通のざる豆腐になってましたけど。
でも、すぐに食べられる!ってのは無理でした。
だれか豆腐づくりをちゃんと教えてくれる人いないかな〜?
今回は一晩おいたざる豆腐と、熱々の豆乳を頂きました。

RIMG0945.jpg

豆乳もにがりを入れたので苦いかなと思ったんですが、さほど気にならず、
みなゴクゴクと。健康ドリンクです。肌スベスベになるそうです。

こうして大豆から味噌、豆乳、おからと作ってみてわかったのは
どれも本当に贅沢な食べ物だってこと。だけど無駄はない。
豆腐なんかはもちろんプロが作ったらもっとうまくいくんだけど、
いっぱい豆をつかっても出来上がりは小さな豆腐です。
豆腐を見る目が変わりそうやなぁとみんなで話してました。

そして、畑作業をとおして、大豆になるまでの過程にどんな手間が
あるかも知りました。
枝豆までは扱う農家が多くても大豆までやる人が少ないのもなんとなく解りました。
だけどその分、収穫したときの喜びはひとしおです。
しかも、味噌はまだまだお楽しみをとっておけるのです!
半年後を楽しみに、ゆっくりと熟成させて、またみんなで味比べなんぞを。

ということで、初めての大豆レボin能勢は半年後の味噌と、
今年の夏に植える「種」を残して幕を閉じました。

そして季節は春。
たくさんの命が芽吹く頃。
田尻の畑にも草や虫が顔を出し始めるているでしょう。
さー土いじりするぞ!
posted by お宝屋 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。