2009年08月12日

09年8月コラム

「おはなしや」はじめました  文/おはなしや照美

私の実家は書店です。
将来、夫婦で実家の書店を継ぎたいと考えていたところ、出会ったのが
NICOさんの“カフェ起業講座”でした。
「カフェと本屋でジャンルは違うけど参加させてください!」と
お願いしたところ、快く受け入れてくれました。
どうもありがとう。

講座の中で問われたことは、自分たちが将来書店を経営するとき、
「何がしたいのか」ということ。
その時の私たちはうまく答えられませんでした。日々の業務に追われて、
自分たちにできること、したいことが見えなくなっていたんだと思います。

講座終了後も、“にっこりーズクラブ”という形でみんなで集まって
わいわいごはんを食べる場ができ、これが私にとってはとても新鮮で楽しい時間でした。
みんな食いしん坊で本当においしそうにごはんを食べます。
私もその中でごはんを食べるうちに、いつしか「いまの自分にできることをして、
楽しんだらいいんだな」と思えるようになったのです。

年が明けると、さのちゃんが「さのちゃんのパン屋さん」を始めたり、
でみやんが朝市で「はちみつクレープ屋さん」を始めているのを聞いて、
今の私ができることは何かなあと考えてみました。

「そうだ!絵本の朗読をしたらどうかな?ただ朗読するだけじゃなくて、
夫にピアノを弾いてもらったら楽しいかも」

ちょうどその時、仲良しのお客さんから「葉っぱのフレディ」という
絵本を薦められました。
そこには、“いのち”の循環がやさしい言葉で描かれていました。
物語は、この春生まれたフレディと親友のダニエルを中心にすすんでいきます。
フレディとダニエルはお互いに育てあいながら成長し、楽しい夏を過ごします。
やがて秋を迎え、フレディの体は鮮やかに紅葉する一方、心では
もうすぐ来る冬に自分が死ぬということを自覚します。
それはフレディにとって、受け入れがたいことでした。
仲間が一枚ずつ枝を離れていく中で、フレディははじめて、
自分が生まれてきた意味を考え始めます。


私もフレディと一緒に、自分が生まれてきた意味を考えてみました。
まだ答えはみつかっていないけれど、案外家族や友だちと食べるごはんや、
道端に咲く花、木の中から聞こえてくるセミの声なんかにヒントが
あるのかもしれませんね。

朗読とピアノの「おはなしや」ライブ。
いつかNICOさんのあったかいごはんを食べながら、みんなに聞いてもらえるよう、
いっぱい練習しようと思います。


kami.jpg


posted by お宝屋 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。