2010年03月14日

キッズカフェ・ラスト!

今日は、萱野小学校キッズカフェの第3弾、最終日でした。

photo

久しぶりの青空がひろがる気持ちいい天気。
子どもたちも朝からハイテンションで元気、やる気ともに満々です。
1年間準備してきた成果の日ですから、そりゃ嬉しいですよね。

photo

今回は小さな子がいても来てもらいたい!というコンセプトなので

picnikfile_n0yWxq

↑こういうのもあったり、手づかみ飴ちゃん取り放題!サービスなんかも
あったりで、小さな子どもたちも楽しそうに過ごしていました。

先週の子たちは割と緊張しいが多かったのですが、今日の子たちはグイグイ接客系・笑)で
「いらっしゃいませ〜」も、語尾上がり調の居酒屋風。声もすごく大きくて元気いっぱいの体育会系、そしてBGMは嵐と東方神起、だいぶ新鮮でおもしろかったです。

photo

やる気あまってか、接客も重厚、ひと組に対して4,5人で囲みます。

photo

これは、来てくれた人が書き残してくれたメッセージ。
皆さんいっぱい書いてくれて、今日来れなかった生徒にも報告できるおみやげです。

最初この企画が出た当初は、そんなにおきゃくさん来てくれるんやろうか?
と、半信半疑な気持ちが正直なところだったのですが、蓋をあけてみれば
2週ともびっくりするような数の方が来てくださり、子どもたちの底力
を見たような気がしたし、本当にたくさんの方がこういった取組を
見守ってくださっていたり関心を持っていただいているのだと感じました。

もちろん数字の面だけではなく、子どもたちから発見したこともいろいろです。
今日、全3回を終えてみて思うのは、どのチームからも「これをやりたい!」「たのしい!」
といった気持ちがストレートに伝わってきてこれはいちばんシンプルなことだけど、
とても心が動きました。
これって、おとなでも(おとなのほうが?)とても難しいことでしょう?

総合学習のなかでも、子どもたちからでてきたこれやりたい!と、
現実面でのバランスをとるのはすごく難しいことだったと思います。
今回は、先生たちもできるだけ子どもたちから出てきたものを実現させたい
という構えでいたので(その分かなり大変だったとは思いますが)、
こどもたちにとっては、自分たちで考えてああがいい、こうしたい、と
思い、行動したことがほんとうに実現できるんだ、ということを身をもって
知ることができたのではないかと思いました。

地域のなかでこうやってさまざまな立場の人が子どもたちと
関わる機会が持てたこと、それがお宝屋の場であったことに感謝しています。

どうもありがとうございました!






posted by お宝屋 at 16:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。