2008年07月30日

汗土まみれの草抜き大会

先週の日曜日、第2回目の大豆レボin能勢に行って来ました。
今回は、伸びに伸びている雑草抜き大会です。

どれくらい伸びているかというと・・・

jldaizu6.jpg

あら素敵な芝生♪
ではなくて大豆畑ですよ!大豆の葉が埋もれてどこに生えてるか分からんけども!

2週前に行ったときはここまでじゃなかったけど、雑草の生命力もぐんぐん押してくるなぁ。まぁ、土も環境もそう悪くないからこんなに生えるということもできるか・・。どちらも元気に育ってくれて、あたしゃ嬉しいよ。

とにかく、大豆の葉と雑草をくれぐれも間違わぬよう注意しながら皆で一斉に取り掛かります。雑草抜くのに上手いも下手もないと思ってたけど、上手い人は同時にスピードも速いということが分かりました。今回のスピード王は先日タイから帰ってきたばかりの真っ黒おとうでしょうか。勢い余ってか隣の畑の雑草まで抜いてました。なんていい人。(って、単に他の人の畑って知らんかっただけやけど・笑)

この日の天気は、少し雲がかかっていてまだ作業しやすいほうでした。とはいえ、下からは土にこもった熱気が、上からはたまにチラチラと顔を出す太陽の熱に挟まれ、尋常じゃない量の汗が体から流れ出ます。体内水分全部出たんちゃうかな。っていうくらい。

そんな中、参加者のIさんからの嬉しい差し入れ。
パインやレモンの凍らしたやつ。これはめちゃくちゃ体に効いた!
この凍らしただけのフルーツがこんなに美味しいのは初めてのことです。食べやすいし畑仕事にぴったりです。ありがとうございました♪

しゃがみ込み開始から約2時間、後半は皆慣れてきたのか、ハマりだしてきたのか、時間が過ぎるのも早かったような気がします。はじめはボーボーの光景に途方にくれてたけど終わってみれば意外と早かった。やっぱり小さな畑はこれくらいの人数がちょうどかもしれない。

大豆畑ビフォーアフター
なんということでしょう
あのBowBow畑が〜、こうなった〜 (ん?混ざってる?)
jldaizu3.jpg

どうです、さっぱりしたでしょ?
ようやく大豆さんの全貌が見えてきました。

jldaizu4.jpg

葉っぱもりもりです。よく育ってます・嬉!
なかには白いかわいい花を咲かせているのもありました。
成長を見守るのは楽しいもんですね。

さて、ひと仕事を終えお腹もすいてきた頃合い。
一行はお待ちかねのバーベキュー。これまた暑いなか火の準備。

jldaizu1.jpg

女子が多かったからあまり肉は減らないだろうと思って野菜を多めに準備していったのですが、肉体労働のあとはやはり肉がススム!思ったよりすぐになくなりました。ちえが作ってくれたにんにく醤油をタレに美味しく頂きました♪ホイル巻き最高!

jldaizu2.jpg

今日は最高の助っ人(癒し系の)はるちゃんが来てました。
美味しん坊はるか、出番のご飯タイムにめずらしくスヤスヤ。おかげでお母さんはモリモリ食べてました・笑。

jldaizu5.jpg

暑いなか皆さんごくろーさまでした!
きっとまたすぐに生えてくるけどめげずに大豆を守りましょう☆


ここでリンク追加のお知らせ。

東京からやってきた「大豆レボリューション」の取り組みを私たちに紹介していただいた『谷町空庭』さん。まちなかでも身近なところからできるプチ農業の提案や、農家の方と消費者である私たちとのつながりづくりなど、いろんな活動をされています。
「大豆レボリューション」のシステムは種大豆オーナー制度というのがあり、提携畑を例えば50等分にしてそれを大豆オーナーがトラストする制度です。大豆オーナーにはトラストした分、収穫した大豆が分配されます。私たちの田尻農園は、少し小さいので提携はせずに、このシステムをアレンジした形で実施しています。
今、関西にもこの提携畑がぽつぽつと広がっていて、空畑さんがコーディネートする枚方市の杉農園もそのひとつです。
素人のわたしたちにいろいろと教えて下さる頼もしい存在、ホントにいろんな楽しい企画をやってはるので要チェックです!

『空畑クラブ』
http://www.soraniwa.net/sorahata/index.htm



posted by お宝屋 at 17:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7月の会もお世話になりましたー。
カメラ持って行ったのですが、ジャングルのような畑に呆然として、撮るの忘れてしまいました。
MIHOさんのブログ見て、やっぱり、すごかったんや、と改めて唖然としましたー(笑)。

でも、これが日本の農業なんですよね。雑草との闘い。
若い頃、篠山で一町借りて黒豆植えたことありますが、
一町になると、一畝100m。
折り返しターンがうーんと向こう。
1人で黙々作業するのもしんどいので、必ずペアを組んで、向かい合い、日ごろの愚痴を言ったり、大きな声で歌を歌ったり、ストレス発散しながら丸1日かけて草むしりをしました。
2時間で作業が終わるのは、ちょうどいいと思いますよ。畑で汗かくの、気持ちいいですよね。。。岩盤浴なんかもう入りません。すみませんが、8,9月は、不在となりますので、勝手させていただきます。

能勢の大豆たちは葉が多く、茎がしっかりしてましたね。
うちの大豆太郎と大豆次郎は、ひょろひょろと背だけ伸びて、葉っぱが少ないです。太陽が足りないかもしれない。土寄せと添え木が必要かもしれません。

今悩んでいるのは、夏の2ヶ月間、太郎と次郎の面倒をみてやれないことです。今年は実験的に取り組んでいるので、自然の雨にまかせてみるか、とも思います。でも、やっぱり、親として放っておけない気持ちが強くなるかも。。。その時は、鉢に植え替えますので、夏季保育をお願いしてもいいですか?






Posted by Iさん at 2008年07月31日 22:54
今回もお世話になりました!

いや〜あの畑を見たときはどうなることかと思いましたが、終わった後のあの爽快感といったら・・!農作業、はまりそうです☆と言ってもあの冷凍パインと、そのあとのバーべキューという飴があったから頑張れたのかもしれませんが。。笑

そしてみんなで食べたご飯のおいしさと言ったらまた格別でしたぁ〜〜♪家族とご飯食べてるかのように、のんびりした気持ちになれました。ありがとうございました!!

次に行くときに大豆、どうなってるかな。どきどき・・
Posted by なつみ at 2008年08月01日 02:21
>Iさん
1町ともなるとそりゃ1日では済まされそうにないですね〜、2hでヒィヒィだった私・・。美味しい作物を食べられるということを本当に感謝しなければ!と思います。でも確かにみんなわいわい言いながらの作業は楽しいですね。
あ、太郎次郎くん、お預かりしますよ(^^)

>なつみさん
確かに飴があるということは重要かもしれません・笑。
どんな飴がいいかまたリクエストも受け付けておりますゆえ。
恵みの雨も少し降ったし、また成長してそうですね、楽しみ。




Posted by miho at 2008年08月01日 15:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103874960

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。