2008年10月24日

収穫&脱穀

このあいだの日曜日、ついに大豆畑へ収穫に行ってきました!

もう大豆が房から飛び出してしまってるのもあって、少し遅いくらい
だったんですが、茶色〜く変色した大豆を一株づつ引っこ抜いて行きます。
お天気のよい日が続いたせいか土は乾いて固くなっていたので、結構な力がいります。

syukaku.jpg
緑一面だったのがウソのようですねー。

syukaku1.jpg
実は着ぐるみで中にちっちゃいおっさんがおるんちゃうか疑惑のなおき。
もう手慣れた様子で土をやわらかくしてから抜いていきます。

syukaku2.jpg
いつにも増してみんなにちょっかいばかりかけていたけん太郎。
今日で畑仕事は終わりなんやで〜。

syukaku3.jpg
ざくざくと抜いたあと。
落ちてしまった大豆をくまなく拾い集めます。これ地味な作業・笑。

syukaku4.jpg

syukaku5.jpg
収穫した大豆と、さやから飛び出して落ちていた大豆。

syukaku6.jpg
はじっこの方で何をしてるかと思ったら、Kさんが買ってきた
ホウレン草と水菜の種まき。
収穫したらみんなで鍋パや〜!

そして畑での収穫を終え少し休憩をした一行は、
そのままトンボ帰りで芝樂広場へ。

syukaku7.jpg

脱穀(脱粒)作業が待っているのです!

syukaku8.jpg
今日収穫したものはトントンと叩いて出てきた豆を取り除いて、
出てこないものはもう少し干します。
先月に少し収穫した分は、もう充分乾燥していたので
すべての豆を取り出します。

syukaku9.jpg

叩くだけでは全部出ないので最後はひとつひとつ取り出す作業になります。

syukaku10.jpg

子どもたちもこの作業、すっごく集中してやってました。
最年少のハルもえらく積極的でした。

syukaku11.jpg

夕暮れ時、裸足になってみんなでせっせと作業しました。
取り出した大豆を、カラのさやや土と分けて乾燥させます。
この分別作業も、なかなかの根気のいる作業です。
大きなカラなどを取って、細かい土はふるいにかけて落としていきました。

すべてを手作業で、そして重ね重ね同じ作業をみんなの力を合わせて繰り返していく過程。
なにげに普段食べているものがこんな作業の道のりをたどって私たちのもとに届いていたなんて。
ひととおりやってみることで改めて実感。

ようやく最後の分別が終わった頃には、日も落ち、暗くなっていました。

今干している分の脱穀が終わったら、すべての大豆が揃います。
いよいよみんなが楽しみにしている味噌づくりが待っている!
ラベル:大豆 収穫 脱穀
posted by お宝屋 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。