2009年08月03日

梅干しはじめ

梅雨

あけたのかしら?この天気。
今年は梅雨前線に惑わされ、弄ばれ、つくづく無力に空を見上げることが多かったです。

久々に、すぐに空模様が変わりそうになく、そして
肌に突き刺すような日差しだったので、やっと梅を干しました。

ume1.jpg

そこらじゅうに梅のふくよかな香りがパァ〜と広がり。
そしてこの色。
はじめての梅干づくりだけど、この干す作業が一番待ち遠しかった。
それはこの美しい色のドットを目にしたかったのだとおもう。

ume2.jpg

三人三色。見事なグラデーション
私は赤紫蘇が少なかったためロゼ風。
赤紫蘇はレボ畑&芝楽の自動販売機前ので調達。

ume3.jpg
梅は芝楽市でお世話になっている豊能町の中西さんの無農薬梅。

ume4.jpg
これは下漬けして、梅酢がようやく上がってきたころ。6月末くらい。
ここから赤じそ漬けをして、今の色になったのです。

太陽じりじり浴びて、急激に歳を重ねるようにシワシワになる梅たち。
晴天の日に約3日間、このシワシワ具合が干し終わりの目安らしいです。

ところで

梅干しを漬けるなら毎年漬けなければいけない

という言い伝えのようなものをよく聞くのですがこれは本当でしょうか。
梅干しを漬けはじめたことを言うと、知人や近所のおばちゃんに
毎年漬けないと「なんやらかんやらあるんやで」と言われました。
なんやらかんやらて、一番そこ聞きたいんやけど。
たぶん、バチが当たる的なことだと思います。

でも梅干し作るの楽しいし、今年は少量なので来年も作る気マンマンですけどねー。

posted by お宝屋 at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | レボ畑菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメント残します。
時々、遊びに来させてもらっているものです。
こちらにも、そしてNICOさんにも。

ところで、

>毎年漬けないと「なんやらかんやらあるんやで」

恐らく、梅干しにカビが生えたときに追加する梅酢がないと困るとか、
生姜の梅酢漬け(=紅しょうが)が作れないと困るとか、そんな感じではないかと(^_^;)

かく言う私も、梅干しはじめの1年生です。
今週末、お天気が良かったら、梅を干したいと思ってます。
Posted by at 2009年08月04日 00:58
こんにちはー。
コメントありがとうございます。

なんやらかんやらとはそういった
現実的な理由だったんですねー。
納得しました(笑)

出来上がりが楽しみですね。
こちらにいらした際はまた梅情報など
教えてくださいねー。







Posted by miho at 2009年08月04日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。