2010年06月09日

10年6月コラム

「我が家の食育(!?)」    文・あまのっち

 「子どもって、ほんと野菜食べてくれないですよね」と、
つるの剛士が食品のテレビCMで言っていた。
一旦は聞き流したが、その言葉に違和感が残り「なんでやろ」と、
しばし考えた。
 そうか、そうか、わかったぞ。「食べてくれない」の「くれない」の部分だ。
「野菜食べませんよね」で良いはずなのに、わざわざ「食べてくれない」と
言っているのはなぜか? 
この言葉には、明らかに食べて「もらう」親と、食べて「あげる」子との関係がある。
「食べてもらう」という言葉は、子どもへの丁寧な対応を感じさせるかも
しれないけど、実は子どもにおもねった生活をしているからこそ口をついて
出て来るもの…と言えば辛口過ぎるか。

 我が家の四人の娘たちがまだ小さい頃の、自分自身を思い出してみた。
たまに子どもの食べたいものを聞く事はあっても、たいていの場合は却下。
子どもたちも最初からあきらめ半分で「ハンバーグ」とか「海老フライ」とか、
日頃食べてみたいと思っているものをとりあえず言ってみるという感じ。
子ども向きなんてことは一切考えないで、普通に大人がおいしいと思う料理を
食べさせることに専念した。かつおぶしを削ることから始まる、まっとうな料理を。
 キャラクターつきの子ども食器は絶対買わない。心をこめた料理を
盛るにはプラスチックやメラニンの食器はあまりにも侘びしいから。
感性は日々培われるものだから、子どもにはなおさらいい食器を使いたかった。
 さらに「全食」という思想にも凝っていて、野菜は皮まで、小魚は
頭も骨もしっぽも全部食べるのを原則にしていた。
次女など3歳の頃、サンマの塩焼きを食べるのに、あたかも目刺しでも
食べるかの如く、ぐいとわしづかみにして頭からかじりついたことがある。
まさに「野生」。

 振り返ってみると、子どもにおもねっていないのは確かやけど、
私って嫌な親やったんやなあ。

 ただ子どもたちには厳しいだけじゃなく、楽しいことも経験させた。
おいしい玉子を食べるために鶏を飼ったし(そこまでやるか)、味噌や
梅干し、漬け物、干物や薫製のたぐいも手作りしたし、パンは毎日焼いたし、
庭で野菜やハーブも育てた。めんどくさいけど、その成果は「おいしい」、
すなわち「楽しい」ということを一緒に経験してほしかったから。

 それだけ食への思い込み激しく育てた子どもが、どんだけ立派な大人に
なっているのか、誰もが興味を持つと思う。
ところがですよ、四人の娘のうち、ちゃんと食に向き合っているのは
料理を仕事にしている一人だけ。そいつだって、自分自身の食生活と
なるとかなり怪しいもん。
他の娘たちに至っては、忙しすぎて食事するのを忘れたり、
マクドのバーガーが大好物だったり、100円ショップのマンガつきの食器を
好んで買ってたり、昔の反動か…と思うような惨状なのだ。

 それでも離れて暮らす娘から「昔よく作ってくれ た、あの大根の
菜っ葉と豆腐のやつ。あれ食べたいから作り方教えて」 なんてメールが来ると、
「記憶の奥に、あの味が残ってるなら、まんざら育て方を間違った
わけでもないかもな」と、少し安心する私なのである。

ag_copy.jpg

posted by お宝屋 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。