2009年07月02日

2年目の大豆レボリューション

告知が送れていましたが。
先日「大豆レボリューション」の取り組み2年目が始動いたしました。

1.jpg

今年はべじたぶるぱーくさん率いる能勢の有機農家グループの企画に
便乗で、畑も去年に比べて3倍くらいの広さで育てます。

去年の一連の取り組みは → こちら

2.jpg

畝づくりまではして頂いていたので、畝の表面を平すところからスタート。
背丈より大きい農機具に苦戦です。


また、その辺にある枝を拾ってきて、鳥よけのラメラメロープを3本引きました。
あと、畑の半分だけマルチをかけました。

3.jpg

ここまでやってお昼。やっぱり広いと時間もそれなりにかかります。
去年の種まきは、驚くほど早く終わりました。(まぁここまで丁寧に鳥よけとか
やってなかったけど・・・)

みんなでお昼ごはんを食べてひと休みしたあと、ようやく種をまいていきます。
畑の半分に、今年購入した豆を、残りの半分に、去年採取した豆を種として選別した
優等豆たちを撒きました。

RIMG0524.jpg
去年とれた豆。
どっちがよく育つが競争や〜。

そんなこんなで終わったのは3時ごろ。びっしょりとかいた汗と土汚れにまみれていましたが
いろんな参加者とであいお話しながら作業するのは楽しいもんです。
土地の持ち主でもある能勢菊炭の炭焼き師、小谷さんもとっても気さくで面白いです。
能勢育ちの小谷さんから昔の能勢のこととか聞けますよ。

来月、2回目のお知らせも載せときますねー。作業のあとはビール&バーベキューですよ〜
興味のある方はご連絡ください。


■■大豆レボリューションin能勢■■

・日時   2009年7月25日(土) 10時〜作業スタート
・集合時間 箕面から一緒に行く方は、芝樂に9時集合

・参加費  1000円(高校生以下無料)
・問い合わせ 072-720-6630 kurashizukuri@hcn.zaq.ne.jp

posted by お宝屋 at 11:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

豆豆豆!の日。

6月から育てて収穫した大豆をつかって、昨日みんなで味噌づくり会をしました!

RIMG0901.jpg

自己紹介の最中。手前の鍋は、豆腐作りのための呉汁と、朝から煮た大豆。
どちらも前日の夕方から水に浸しています。

RIMG0903.jpg

こちらは畑作業にもたくさん来てくれてたレボ婦人部の皆さん。と三ちゃん。
腰を痛め汗を流して育てた大豆を仕込むのは感慨深いです。

RIMG0908.jpg

材料の重さを量って分けていきます。今回は麹:生大豆:塩の割合を
それぞれ2:1:0.6でつくりました。麹をふんだんに使った贅沢割です!

RIMG0912.jpg

煮上がった大豆を冷めないうちにすりつぶしていきます。
ビニールに入れてすりこぎでつぶしたり

RIMG0914.jpg

3人がかりですり鉢でつぶしたり。2人ですり鉢を回しながらという役割分担・笑。
ビニョーに添えられない左手が気になる・・。

RIMG0915.jpg

こちらロシアからのお客さま。味噌をつくりにはるばる海を越えてやってきたのさ。(ウソ)

RIMG0920.jpg

こちらはあまりの量の多さに途中までフードプロセッサーを使って潰していく組。

RIMG0919.jpg

いい具合になってきました。次は塩切りした麹と混ぜ合わせます。

RIMG0929.jpg

畑作業、皆勤賞のけんたろうもこの笑顔。嬉しいね。

RIMG0928.jpg

大豆と麹がムラなく混ざり合ったら、味噌ボールを作って容器に投げるように入れます。
こうすると空気が抜けていいらしい。真剣な表情のお嬢、タッパ目指してひと玉投じます!

RIMG0926.jpg

味噌仕込みがひと段落したら、豆腐づくりです。一晩浸した大豆を浸し水と一緒に
ミキサーにかけ、それをコトコトと煮ていきます。(呉汁ができます)
ここまでは事前にやっていたので、写真は呉汁をサラシで包んで絞っているところです。
かなりきつく絞らないといけないので熱いのをがまんしてみな真剣です!

RIMG0934.jpg

出てますデテマス!ここで絞ってできるのが豆乳とおからです。
チーズづくりと行程も見た目も似てますね。

RIMG0936.jpg

おから団子できました!なんどか試作した中で一番きめ細かくできました。
たぶんこの日使ったミキサー具合がよかったのかな?

RIMG0938.jpg

おからをつかってうの花を作り食べました。(華おからではないですが。)
素朴な味でおいしかったです。

RIMG0942.jpg

そして豆腐はというと・・・
みなさんのこのなんともいえない表情を見れば分かるかと・・。
いや、失敗ではないんですが、なんというかユルい。ユルユル。

実はこの日までに豆腐の試作を3回やっているんですが、
見事3回ともうまくいかなかったんです。・・・。
にがりの量や豆乳の温度、いろんなパターンを試したんですが、やはりユル〜でした。
一晩水切りしたら普通のざる豆腐になってましたけど。
でも、すぐに食べられる!ってのは無理でした。
だれか豆腐づくりをちゃんと教えてくれる人いないかな〜?
今回は一晩おいたざる豆腐と、熱々の豆乳を頂きました。

RIMG0945.jpg

豆乳もにがりを入れたので苦いかなと思ったんですが、さほど気にならず、
みなゴクゴクと。健康ドリンクです。肌スベスベになるそうです。

こうして大豆から味噌、豆乳、おからと作ってみてわかったのは
どれも本当に贅沢な食べ物だってこと。だけど無駄はない。
豆腐なんかはもちろんプロが作ったらもっとうまくいくんだけど、
いっぱい豆をつかっても出来上がりは小さな豆腐です。
豆腐を見る目が変わりそうやなぁとみんなで話してました。

そして、畑作業をとおして、大豆になるまでの過程にどんな手間が
あるかも知りました。
枝豆までは扱う農家が多くても大豆までやる人が少ないのもなんとなく解りました。
だけどその分、収穫したときの喜びはひとしおです。
しかも、味噌はまだまだお楽しみをとっておけるのです!
半年後を楽しみに、ゆっくりと熟成させて、またみんなで味比べなんぞを。

ということで、初めての大豆レボin能勢は半年後の味噌と、
今年の夏に植える「種」を残して幕を閉じました。

そして季節は春。
たくさんの命が芽吹く頃。
田尻の畑にも草や虫が顔を出し始めるているでしょう。
さー土いじりするぞ!
posted by お宝屋 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

大豆レボで手前味噌づくり!

春の訪れを感じたかと思ったら今週はめっきり冷えて
体もびっくりしてます。ちょっと春にむけてポワーンと
ゆるんでいた体も木々の芽もキュッと引き締まります。
まさに三寒四温ですね・・・。もうすぐもうすぐ。

さて、時期としては少し遅いのですが、去年の初夏から
能勢町田尻地区の畑でみんなで育てた大豆を、ようやく、
よーやく味噌に仕込みます!ついに・・・

大豆レボリューションin能勢の取り組みはこちら。

ここ北芝では、毎年味噌の材料を共同購入して、自分たちの味噌を
手作りしていたのですが、やっぱり味が全然違う!おいしい〜。深い〜。
ただでさえそんなだから、土づくり、種植え、草抜きから全部自分たちで
育てた大豆でつくる味噌は、格別に美味しいに違いない!!
今からとっても楽しみなのです。
思い入れが違います。

daizu.jpg

私も初めて味噌をつくるまでは、すごく難しい作業なのかな?と
思っていましたがつくってみるとそうでもない。量が多いと少し
大変ですが、毎年春の少し前の行事として定着しています。
半年後、一年後を楽しみにしながらつくるのもまたいい。
今年はどんな味になるかな?溜まり醤油うまくできるかな?とか。

当日は、味噌だけじゃなくて大豆からできる豆腐、豆乳、おから料理も
つくる予定です。
豆豆豆!な1日。

●●大豆レボin能勢 手前味噌仕込み会●●

・日時  3月1日(日) 14:00〜夕方ごろ

・場所  らいとぴあ21調理室(箕面市萱野1-19-4)

・参加費 1000円

・別途味噌材料代(大豆レボ参加者以外の方も購入できます)
  2.5kg 1500円
   5kg  2800円

・持ち物 味噌を持ち帰るための容器、手ふきタオル、エプロン等

・申込み締め切り
  別途味噌をご希望の方 → 2月20日(金)
  参加のみの方 → 3日前くらいまで

・申込み、お問い合せ
 TEL  072-722-5800(コミュニティレストランお宝屋事務局)
 MAIL  kitashiba@hcn.zaq.ne.jp 
posted by お宝屋 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

夕日を浴びながら

大豆畑の収穫から一週間。

干していた大豆のサヤからポロポロと豆が落ちてきました。
そろそろ脱穀しなければ。

ということで、2回目の脱穀が始まっています。

dakkoku.jpg

秋晴れが気持ちいい午後、芝樂広場では某NPOのTさんが
子どもイスに座ってもの思いにふけっているではありあませんか・・
・・と思いきや、オレンジの夕日を浴びながらエッサホイサと脱穀してくれていました。
後ろ姿がなんかよかったのでつい盗撮。

まだまだ大豆はあるので、脱穀作業をしたい!という方は
芝樂広場のコンテナ前へ!

大豆レボメンバーも、空いた時間にちょっくら脱穀、気分転換に癒しの脱穀、しに来てくださいな。

dakkoku2.jpg
posted by お宝屋 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

収穫&脱穀

このあいだの日曜日、ついに大豆畑へ収穫に行ってきました!

もう大豆が房から飛び出してしまってるのもあって、少し遅いくらい
だったんですが、茶色〜く変色した大豆を一株づつ引っこ抜いて行きます。
お天気のよい日が続いたせいか土は乾いて固くなっていたので、結構な力がいります。

syukaku.jpg
緑一面だったのがウソのようですねー。

syukaku1.jpg
実は着ぐるみで中にちっちゃいおっさんがおるんちゃうか疑惑のなおき。
もう手慣れた様子で土をやわらかくしてから抜いていきます。

syukaku2.jpg
いつにも増してみんなにちょっかいばかりかけていたけん太郎。
今日で畑仕事は終わりなんやで〜。

syukaku3.jpg
ざくざくと抜いたあと。
落ちてしまった大豆をくまなく拾い集めます。これ地味な作業・笑。

syukaku4.jpg

syukaku5.jpg
収穫した大豆と、さやから飛び出して落ちていた大豆。

syukaku6.jpg
はじっこの方で何をしてるかと思ったら、Kさんが買ってきた
ホウレン草と水菜の種まき。
収穫したらみんなで鍋パや〜!

そして畑での収穫を終え少し休憩をした一行は、
そのままトンボ帰りで芝樂広場へ。

syukaku7.jpg

脱穀(脱粒)作業が待っているのです!

syukaku8.jpg
今日収穫したものはトントンと叩いて出てきた豆を取り除いて、
出てこないものはもう少し干します。
先月に少し収穫した分は、もう充分乾燥していたので
すべての豆を取り出します。

syukaku9.jpg

叩くだけでは全部出ないので最後はひとつひとつ取り出す作業になります。

syukaku10.jpg

子どもたちもこの作業、すっごく集中してやってました。
最年少のハルもえらく積極的でした。

syukaku11.jpg

夕暮れ時、裸足になってみんなでせっせと作業しました。
取り出した大豆を、カラのさやや土と分けて乾燥させます。
この分別作業も、なかなかの根気のいる作業です。
大きなカラなどを取って、細かい土はふるいにかけて落としていきました。

すべてを手作業で、そして重ね重ね同じ作業をみんなの力を合わせて繰り返していく過程。
なにげに普段食べているものがこんな作業の道のりをたどって私たちのもとに届いていたなんて。
ひととおりやってみることで改めて実感。

ようやく最後の分別が終わった頃には、日も落ち、暗くなっていました。

今干している分の脱穀が終わったら、すべての大豆が揃います。
いよいよみんなが楽しみにしている味噌づくりが待っている!
posted by お宝屋 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

収穫だワッショイ!

このあいだの日曜日は大豆レボリューション4回目でした。

RIMG1291.jpg

先月までの酷暑のなかの作業がウソのように涼しく、肌寒いくらいで
作業も快適快適〜
大豆畑の雑草もピークを過ぎたのか、あまり生えていなかったので
みんな余裕気味で作業をしました。

先月はまだ青々としていた茎や葉、実も、だいぶん茶色く変色して
収穫間近です。

RIMG1288.jpg

大豆は、ついている葉っぱが枯れ落ちたら、枝豆をゆらしてみて
カサカサと音がしたら実がついているのでその頃が収穫時だそうです。
RIMG0492.jpg

RIMG0501.jpg

なかにはすでに葉っぱが落ちているものもあったので
いちやはく収穫してみることに。

RIMG0515.jpg


RIMG0513.jpg


RIMG0528.jpg

この日の収穫分です。
あれ、まだ葉っぱが緑のもある・・・笑。

その頃土あそび部の人たちは・・

RIMG0512.jpg

おしりまでぐっしょりと埋もれて戯れてました。

RIMG0527.jpg

RIMG1296.jpg

作業後のお弁当ターイム。今回は、この農園を貸して下さっている
田尻農園のホヤホヤの新米でつくったおにぎり!冷めてもおいしいのだっ。

RIMG0530.jpg

収穫した大豆は、2週間ほど陰干しします。
芝樂に帰ってきてドライフラワー風に干しました。

干したら次は最終段階の脱穀作業!
これも楽しみ〜。

次回は、残りの大豆の収穫と脱穀作業を予定しています。
収穫のタイミングによりますが、10月の2か3週目頃かな
と予想しております。

決まり次第また連絡しますね〜

















posted by お宝屋 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

汗土まみれの草抜き大会

先週の日曜日、第2回目の大豆レボin能勢に行って来ました。
今回は、伸びに伸びている雑草抜き大会です。

どれくらい伸びているかというと・・・

jldaizu6.jpg

あら素敵な芝生♪
ではなくて大豆畑ですよ!大豆の葉が埋もれてどこに生えてるか分からんけども!

2週前に行ったときはここまでじゃなかったけど、雑草の生命力もぐんぐん押してくるなぁ。まぁ、土も環境もそう悪くないからこんなに生えるということもできるか・・。どちらも元気に育ってくれて、あたしゃ嬉しいよ。

とにかく、大豆の葉と雑草をくれぐれも間違わぬよう注意しながら皆で一斉に取り掛かります。雑草抜くのに上手いも下手もないと思ってたけど、上手い人は同時にスピードも速いということが分かりました。今回のスピード王は先日タイから帰ってきたばかりの真っ黒おとうでしょうか。勢い余ってか隣の畑の雑草まで抜いてました。なんていい人。(って、単に他の人の畑って知らんかっただけやけど・笑)

この日の天気は、少し雲がかかっていてまだ作業しやすいほうでした。とはいえ、下からは土にこもった熱気が、上からはたまにチラチラと顔を出す太陽の熱に挟まれ、尋常じゃない量の汗が体から流れ出ます。体内水分全部出たんちゃうかな。っていうくらい。

そんな中、参加者のIさんからの嬉しい差し入れ。
パインやレモンの凍らしたやつ。これはめちゃくちゃ体に効いた!
この凍らしただけのフルーツがこんなに美味しいのは初めてのことです。食べやすいし畑仕事にぴったりです。ありがとうございました♪

しゃがみ込み開始から約2時間、後半は皆慣れてきたのか、ハマりだしてきたのか、時間が過ぎるのも早かったような気がします。はじめはボーボーの光景に途方にくれてたけど終わってみれば意外と早かった。やっぱり小さな畑はこれくらいの人数がちょうどかもしれない。

大豆畑ビフォーアフター
なんということでしょう
あのBowBow畑が〜、こうなった〜 (ん?混ざってる?)
jldaizu3.jpg

どうです、さっぱりしたでしょ?
ようやく大豆さんの全貌が見えてきました。

jldaizu4.jpg

葉っぱもりもりです。よく育ってます・嬉!
なかには白いかわいい花を咲かせているのもありました。
成長を見守るのは楽しいもんですね。

さて、ひと仕事を終えお腹もすいてきた頃合い。
一行はお待ちかねのバーベキュー。これまた暑いなか火の準備。

jldaizu1.jpg

女子が多かったからあまり肉は減らないだろうと思って野菜を多めに準備していったのですが、肉体労働のあとはやはり肉がススム!思ったよりすぐになくなりました。ちえが作ってくれたにんにく醤油をタレに美味しく頂きました♪ホイル巻き最高!

jldaizu2.jpg

今日は最高の助っ人(癒し系の)はるちゃんが来てました。
美味しん坊はるか、出番のご飯タイムにめずらしくスヤスヤ。おかげでお母さんはモリモリ食べてました・笑。

jldaizu5.jpg

暑いなか皆さんごくろーさまでした!
きっとまたすぐに生えてくるけどめげずに大豆を守りましょう☆


ここでリンク追加のお知らせ。

東京からやってきた「大豆レボリューション」の取り組みを私たちに紹介していただいた『谷町空庭』さん。まちなかでも身近なところからできるプチ農業の提案や、農家の方と消費者である私たちとのつながりづくりなど、いろんな活動をされています。
「大豆レボリューション」のシステムは種大豆オーナー制度というのがあり、提携畑を例えば50等分にしてそれを大豆オーナーがトラストする制度です。大豆オーナーにはトラストした分、収穫した大豆が分配されます。私たちの田尻農園は、少し小さいので提携はせずに、このシステムをアレンジした形で実施しています。
今、関西にもこの提携畑がぽつぽつと広がっていて、空畑さんがコーディネートする枚方市の杉農園もそのひとつです。
素人のわたしたちにいろいろと教えて下さる頼もしい存在、ホントにいろんな楽しい企画をやってはるので要チェックです!

『空畑クラブ』
http://www.soraniwa.net/sorahata/index.htm



posted by お宝屋 at 17:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

成長期

大豆レボリューション第1回目の種蒔きから、2週間くらいしたところで草取りをしてきました。それまで夜中に様子を見に行ったりしていたのですが、やっぱり雑草たちは日に日に成長していました。

kusatori3.jpg

全体で見るとあまり分からないですが近くで見ると

kusatori7.jpg
結構生えてます。まだ大したことないくらいですが、芽が出たあたりを中心に抜きました。

そして大豆ちゃんたちはと言うと

kusatori5.jpg
芽が出てすぐなのにもうこんな大きく成長しております!
ハート型の葉っぱを広げて伸び始めています。

その前の週に見に行った時は
kusatori8.jpg
まだこんなに小さかったのに(分かりづらいですが)。NICOの大豆もそうだけど発芽からの成長がびっくりするほど早い。よくテレビでやってる成長を記録するビデオカメラを設置して観察したいなぁ。

この日は助っ人1名と私の2名で草取りだったのですが、これは…かなりやり甲斐のある作業だ。種蒔きの時なんて一瞬で終わってしまったけど、この地道な草取り作業はそんな簡単にはいかない。ジリジリと背中に太陽を浴びながら、汗がしたたり落ちる。黙々と作業に入り込んでいく。
それでも鳥の鳴き声や近所のこどもたちがパンツ一丁に虫取り網スタイルで川遊びに出かけるのを見て、ええなぁ〜。。としみじみ。箕面はそこまで都会ではないと思うけど、このスタイルの子ども(パン一はさすがにいないか)を見なくなった。最近はヴィソラの千里川で遊ぶ子は多いらしい。

肝心の大豆は、うまく芽を出したものは成長しているけど、残念ながら土の中で眠ったままのもあった。あと、種蒔きの日は雨降りだったので分からなかったけど、土の耕しが足りないせいか土がかなり大きな塊となってしまって、その下に埋もれている芽が重くて顔を出せない!というのが結構あった。土の塊をどけてやると、首をくるんと中に折りまげているのはなんだか可哀想な感じがした。

kusatori.jpg

kusatori2.jpg

ポロンと転がっていた極小玉ねぎ…ではなく、種と芽。これはハトさんにやられてしまったものなのか!?

土の塊はほぐして再び眠っている芽の上にかけておいた。
今からでも大丈夫やから出ておいでや〜!

う〜ん、土作りの難しさを実感した日でした。

kusatori4.jpg

山の夕方は本当に美しい。
2時間程度なのに、ヘタレの体には応えていたのが、夕焼けと空の色、田んぼの中のおばあちゃんを見ると体の疲れを忘れてしまった。


大豆レボ第2回は今週末27日(日)。この草取りをしてからもう2週間経っているのですが、2日ほど前に行った状況では、さらにすごいことになっています。畑か?芝生か?どっちや?ってな勢いで雑草さんたちが猛威をふるっております。
気合いで抜きましょう!
たくさん汗をかいたあとは、冷えたビールとバーベキューが待ってます♪
参加希望の方は事務局までご連絡を。
072-722-5800(ウズハシ)


それと、この大豆レボ参加者で、以前から縁がありよくこの地域に遊びに来て下さる方が、余った大豆の種を自宅に植えられて実況中継して下さっています。大豆兄弟への愛を感じるブログ、リンクしますので是非そちらもご覧下さい。このブログよるはるかにたくさん更新されていますゆえ。北芝の他の取り組みのことも紹介されています。

「今岡良子研究室の応接室」
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/imaokaryoko2



posted by お宝屋 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆レボリューション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。