2010年01月21日

10年1月コラム

「石窯についてのお話」 文・中嶋嘉伸(石窯おとう)

まいどうー
芝樂広場にある妖怪屋敷?石窯について話しまっさ。

オレが子どもの時の遊びの中の一つで火遊びがあったわ。
今63歳やから1956年16歳前後ぐらいの頃やな、村の北と南側にゴミ捨場があって
南側(今の菊池外科のところ)がオレの遊び場の一つや
そこで下に石を敷き、まわりを石で囲み火を燃やして芋を焼いて食い、
熱くなっている石の上に川や池で取ってきた魚などを焼いて食うことを
仲間でよくやった。
その頃は火をつかっても今みたいに注意されなんだの思うわ。

2006年に九州方面に自転車旅行した時、九州の吉野ケ里遺跡という看板
を見つけ見に行ったら、その中で「かまど跡こちら」という案内を見て、
なんでかワクワクしながら見に行ったらそこには石を敷きつめた「かまど」があった。
じきに村のゴミ捨て場「かまど」を思い出した。まったく同じやった。
当時オレは陶芸はやっていて作品を焼く窯は作っていた。

旅から戻ってきて食いものが焼ける窯を作りたくなった。

石窯パンのブームもあってパンを焼きたかった。
地域のメンバーにゆうて承知してもらい、何人かで石窯見学ツアーをした。
京都と奈良ですわ。実物の窯を見て、自分でなんとか作れると思うたわ。
中学生の時かまど作りの手伝いをしたことも考えて、その後準備にとりかかった。
一緒に作ってくれる人集めから窯の青写真は頭の中にできあがっていたなー。
石で作りたかったけれど石がないのと熱に強い石、弱い石が分からんから
耐火煉瓦で作り、煉瓦を囲むのは土にしたかったけど熱が加わると
ひび割れがするので土にセメントをまぜて使った。
思ったよりセメント、セメントになってもうたけど、ドンマイ、ドンマイ
屋根は北芝のたいまつで使うムギワラがあるので火つながりということで
茅葺風にした。5,6人で2日かかって竣工式や
温度計がついていないので頼りはすすが溶けたら300度という陶芸から
学んだことだけ。窯が十分に乾いてからいよいよ試運転。
火を燃やしてから30分ぐらいで300度?になった

最初のエモノは市場で買った冷凍のナン(へべたいパン)。
5,6分で上手に焼けた。みんなで窯を作ったこともあってうまかったでー

さてここで問題がひとつ、窯の使いかたである。
前に石窯見学に京都に行った時の使い方、参加者が自分で作った料理を
焼いて食べるというワークショップ方式にすることにきまり運営をはじめた。
月1回管理はコミュニティーレストランの「ニコ」がする。
毎回いろんな処からいろんな人たちが参加してくれて確実に人の輪が
広がっていくのが体感できる取り組みになってるわー

バンザイ、バンザイやー。
おわり。

010石窯.jpg


ラベル:石窯
posted by お宝屋 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

09年12月コラム

リアルキッズカフェ!? 文/内山 三重子

お宝屋で大好評だったキッズカフェ。
メニューから接客に至るまで妥協は許さず、リアリティを追求するものだったらしい。
“本物”に触れる良さは、今大流行のキッザニアを見ればよく分かる。
“本物”だからこそ、子ども達は飽きずに何度も通うのだろう。

私の実家は食堂を経営していて、子どもの頃は“渡る世間は鬼ばかり”の
“えなりくん”のような生活だった。
毎日がリアルなキッズカフェの様で、学校が休みの日は、朝から店内の掃除をして、
その後は料理の仕込み。お昼になると接客や・厨房で洗い物など…。
うどんの出前にも行った。

数ある仕事の中で、一番大変だったのが、父親の横でだし巻き卵を焼くことだった。
まず卵を30個ほど割り、そこにうどん用のだしを入れて薄める。
卵焼き器を2台ならべて焼いていくのだが、うまく焼けないと父親の厳しい目が光る。
(だしの配合や、火加減、油の量の調節がとても難しい)
お客さんに1皿250円で食べてもらうのだから、子どもだからと言って
いい加減なものは出せないというのはあたりまえの話だが、自分が焼けば早いものを、
あえて子どもにやらせるというのは気の遠くなる作業だっただろう。
人手不足で働き手が必要だったとしても、子どもを一人前に成長させるには根気がいる。
そう考えると、短気ですぐに怒る頑固な父親は、実は子育てにおいては気が長かったのだ。

子どもの頃の経験は、大人になってからの考え方・生き方にとても影響する。
その時は嫌だったとしても、後になって役に立つことがきっとある。

キッズカフェの子ども達も、この素敵な経験が、
自分の人生に影響を与えていたことを、大人になった時に感じるのだろう。

名称未設定-1のコピー.jpg
posted by お宝屋 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

新年あけまして

おめでとうございます。

静かな朝、静かな事務所で2010年の仕事が始まりました。

ぐるぐるまわるこの星のなかでは、なんら変わりのないことなんだけど
いろんなところで節目をつけ、祝い、踊り、祈ってきた私たち

目には見えないものも、実はほらすぐそこここに、あるんだよー

見えるものは山積みの問題だらけだとしても
シンプルにおめでとう!でいいのです。
どうしたって、朝食べるお雑煮はおいしいのです。

今年1年も、みなさまにとってより多くの実りがありますよう!
おめでとうございます!

IMG_0430.jpg



posted by お宝屋 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

一汁??菜

あたたかい日が続きますね。
陽だまりの1日、そして満月の夜。和んだり見とれたりするのはほんのひと時。
ここ北芝では師走にはいるといろいろな行事が待ち受けており、
のんきに浸っているひまはあんまりない。私あるほう、みんなソワソワ。
そうやって行事を迎えると、去年の行事からもう1年経ったんやぁと
1年という月日を思い返す。そうやって過ぎていく最後の月。

IMG_0438.jpg

このあいだアップした記事に載せていた割り干し大根はこんなになっちゃいました。
計5本の大根を使ってできたのこんなけ〜。どんなけ〜。

さて、今週末のお宝屋は久しぶりの初出店グループ。
店名「一汁四季彩」。お母さん仲間が集まって、こだわりの材料を使った
“1食30品目の健康ランチ”をご用意します。国産材料や無農薬野菜、
化学調味料無添加の安心できる素材です。

IMG_0443.jpg

キッチンが見えない分、こういったことを知るのと知らないのとは
少し気持ちが違うような気がします。
毎日顔が分かる人が作ってくれるようなお店なら、“あの人が作ってくれる料理なら”
という関係性ができたりもするけど、お宝屋はシェフが週ごとに違うので、
こういった情報はきっちりと発信していかなくてはなー、と思います。
(といってブログもいつもギリギリアップですが;;)

また、お子様スペースを利用して、14:00からは未就学児対象のお遊び時間があります。
英語の絵本読み聞かせや手遊び、来年のカレンダー作りなど、楽しいメニューがたくさん!

お母さんはゆっくりカフェタイムをお楽しみいただけます。

なんだか、食べるだけでなくておみやげがたくさんあるお店、いいですね。

■■一汁四季彩■■

日時 09年12月6日(日) 11:00〜15:00
場所 NICO

--menu--

・四季彩ランチ(30食限定) 1000円
・キッズランチ 500円(キッズランチは乳製品、卵製品、小麦粉不使用)
・ほかドリンク、和洋スイーツなど

★クリスマスイベント★
14:00〜14:30
未就学児対象に英語絵本のおはなしや手あそび、来年のカレンダー作りをします。
参加者にはクリスマスプレゼントとして、作成したカレンダーとお菓子を
お持ち帰りいただけます。カレンダーに写真などを貼りたい場合は、ご持参ください。
先着6名様のため、お早目にご予約ください。
材料代:500円
予約先→ichijushikisai@yahoo.co.jp
posted by お宝屋 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

りんご祭りとおとこ祭り

空気が乾燥して冬らしい匂いに包まれています。
寒くて身もこわばりがちですが、キーンと冷えた空気にはシャンっと
背筋も伸びる気がします。

さて、冬の楽しみのひとつに保存食づくりがあります。
というと毎年やっているベテランのように聞こえますが、そうでもありません。
ただ、実験のような経過が楽しくて出来上がりが待ち遠しいので
こういった作業はわりと好きです。

photo

芝樂市で数本余った大根を割り干しにして。
大根というよりはイカ星人干される、的な感じですか。

photo

続いては乾燥りんご。
大量にりんごがある時、困ったことありませんか?
デザートにするにしても生で食べるにしても限界がありますもんね。
これは保存もきくし、おやつ感覚でバクバクと食べられるし何より簡単です。
天日干しのほうがいいんでしょうが、ここ最近の天気はコロコロ変わるので
オーブンで低温焼き。え〜香り。

photo

乾燥りんごの時に出る端っこのほうの実や芯を使って酵母も作ってみます。
発酵エキスちゃんとできるでしょうか。カビが心配ですが、これぞ実験ぽくて
毎日の観察が楽しみです。ブクブクブク…

今からは、まだまだあるりんごを使って、りんご酢づくりにもチャレンジします。

さて、りんご祭りもほどほどに、今週のお宝屋のお話を。

今週のお宝屋は「VIVA!おとこじゅく」でございます。

え?なになに?
と遠ざかったあなた、ちょっとお待ちください。
ちゃんとしたお店です。

このお店は、箕面で生まれ育った男子4名が集まり、自分たちの地元で
何かしたいなぁという想いからできました。
メンバーのほとんどが飲食に関わる仕事をしていることから、食を通じて
おもてなしができれば、ということです。
お世話になった、自分たちを育ててくれた地域のじっちゃんばっちゃんも
気軽に来れるようにと、メニューは純喫茶風メニューがそろいました。

メンバーそれぞれ、気さくでなかなかのさわやかボーイズ(表現古いですか)です。
ゼヒ熱い男たちの手料理を食べに来てはいかがでしょう?

■■VIVA!おとこじゅく■■

とき 09年11月22日(日) 11:00〜15:00
場所 NICO

--menu--
・カレーライス
・ハヤシライス
・サンドランチ
 各サラダ、ドリンク付き)
・ビールもあります。

*地域みまもり券つかえます。

posted by お宝屋 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

週末はHAHAcafe

そして、この週末はお久しぶりの「HAHAcafe」です。

haha.jpg

毎回の盛況ぶりにいつも感心してしまうお店。
丁寧に、想いをこめて運営されているのが伝わります。
そういうのって、お客さんにもきっと伝わるし周りにも良い伝染していく。

そして、なんといってもそのデザートが…おいしい。

■■HAHA cafe■■

日時 09年11月8日(日) 11:00〜16:00
場所 NICO


--menu--

・秋のランチプレートメニュー
  ルーから手づくり 野菜ゴロゴロ ホワイトシチュー(乳製品)
  香り豊かなグラハムパン・キノコのマリネ(大豆) 

・サイドメニューとしてベーコンとタマネギのキッシュ(卵・乳製品) 
そのほか、アメリカンスイーツや体に優しいデザート&ドリンクや
雑貨スペースでは 布小物 髪飾り クッキーなど、母スタッフの
個性豊かな手づくり作品が並びます。

店主の素敵なブログ→http://girfecafe.exblog.jp/i17/

posted by お宝屋 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

09年11月コラム

『フラッシュバック・ローカルフード』 文/中村雄介べー

昨年大学四年目を休学して旅に出た。
生活のための物を全てリュック一つに詰めて各国の安宿を巡る貧乏
バックパッカ―スタイルの旅。
きっかけは昔から抱いていた“一人旅”というものへの憧れと、あと自分の知らない、
感じたことのない世界を見てみたかったのと、あとは自分の日常への懐疑(?)
…若さゆえの好奇心なのかもしれないが、自分の中で当り前な感覚が正しいのかどうか、
それを自分の目で確かめてみたかったから

そんなこんなで去年の誕生日に日本を飛び出し、アジア→中東→ヨーロッパ→
南米→北米と24の国を訪れ、西向きに世界を一周した。

学生の貧乏旅行、服はバックパックに入ってあるものの中で、まだ臭いのしないものを
順繰りに着るしかなかったし、宿も各国でほぼ最低価格のゲストハウスや
ホステルで見知らぬ外国人達と隣同士で寝る、ドミトリータイプばかりだった。  

ただ、一つだけ出発の前から自分の中で決めていたのは、ご飯と飲み物(≒ビール)
だけはケチらずに、ご当地ものを満喫すること!
もちろん毎食各国のおいしいご飯を食べることはできなかったが、財布が
許す限り各国のおいしいローカルフードを求めて見知らぬ街をさ迷った。

タイの屋台で食べた味の素たっぷり炒飯、カンボジアでちびっこに食べさせられた
焼き蛇、インドの旅行会社で見知らぬおじさんが分けてくれたヨーグルトカレー
(もちろん手で食す)、ヒマラヤトレッキング中に飲んだネパールワイン、
ヨルダンやイスラエルで毎日食べたファラフェル(コロッケが挟まったサンド)、
エジプトのジェラート(意外とおいしいので旅人の中ではかなり有名)、
アザーンを聞きながら食べたイスタンブール名物の鯖サンド、世界で一番
おいしいと評判だったチェコのビール(評判通りサイコー)、物価の高い
ヨーロッパで大活躍したケバブサンド(たいがいフランスパンなので毎日
食べ過ぎて口の中は傷だらけ…)、アムステルダム名物のチョコマフィン(ノーコメント)、
イースター島で食べた焼きマグロ、海鮮大国チリで食べたウニ、
あとは外食しないときに同じ宿の旅仲間たちとパスタを作って分けあった
通称シェアめしなどなど…

思い出しただけでもよだれと笑みが出てしまうぐらいおいしくて楽しい
ご飯を食べたし、それとおなじだけ素敵な出会いがそこにはあった。

………

帰国して半年が過ぎた。アルバイトばかりの忙しい学生生活に戻りつつあるが、
今でも、炒飯を見ただけでタイの屋台のおばちゃんが、蛇を見ただけで
焼き蛇を持って満面の笑みとふるチンで追いかけてくるカンボジアの少年が、
カレーの匂いを嗅いだだけで不気味に笑いながらカレーを勧めてくれた
怪しげなインドのおじさんが、僕の頭にふとよぎる。

yusukebe.jpg

CIMG0550.jpg

posted by お宝屋 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋まつり終了!

先週土曜日は予定していた秋まつり。暑いほどの晴天に恵まれ

CIMG0724.jpg

もらった廃材で作ったタペストリーも無事掲げられスタート!

CIMG0729.jpg

私たちは、昨年1年を通して作った大豆〜味噌についての展示もしました。
文化祭的なニオイがぷんぷんしますね〜。準備もそんなノリでしたよ。

CIMG0765.jpg

そして去年の大豆を種にして、今年採れた大豆の脱穀体験コーナー。
種になり豆になり種になり…つながってゆく命のリレーです。

4076901244_b048f64bbd.jpg
田尻農産の上西さんから借りた、大きな手箕。
昔ながらの道具を使ってやってみたいと言ったら、倉庫の奥から出してくださりました。
子どもたち、いやおとなでも二人がかりで揺らして豆と殻とを分別してくれます。
莢から豆を取り出すのにはハンマーのような重いものでトントンと
叩いていくのですが、これまた見事に豆だけ割れずきちんと殻が割れて
出てきます。
こどもたちも、作業にのめりこんでいく子、すぐに退屈になる子、さまざまでしたが
あっという間に脱穀も終わりました。

4076907670_ea63baf8f0.jpg
そして、去年の大豆を使って作ったお味噌が約8か月の熟成期間を経て
ようやくできあがりました!初お目見え。めでたし!
育てた期間も合わせると1年半かかって味噌になりました。それはもう感無量です。

大豆(全部育てた豆です)、天日塩、生麹(贅沢につかいましたよ〜)
のみの原材料。その味わいは深くまろやかで、お味噌汁に使うだけでなく野菜と一緒に生でもバクバクいきたいくらいの味。
この手前味噌は、今度の芝樂市でも販売しています。

CIMG0768.jpg
ほかにも、芝樂市でおなじみの能勢のうえだいこん先生の「べじたぶるぱーく」の
出張野菜販売があったり、その野菜を使ったNICOの石窯ピザがあったり、

CIMG0731.jpg
こどもたちのおもちゃづくりコーナーや、いらないおもちゃのかえっこブース、

CIMG0794.jpg
いこいの家の布ぞうりづくりコーナーも、みんな楽しそうに手づくりしていました。

単に買う・売るだけでなく、この日はみんなが自分の手を動かして何かを作っていました。

CIMG0826.jpg
そんな手づくりのイベント最後を締めくくるのは、おもちゃのかえっこ
から出てきた掘り出しもののおもちゃのオークション。
これまで、またこの日1日で貯めたポイントをどうやって使うか、
子どもたちだけの感覚と鋭さが交差していておもしろかったです。

なんだかそれぞれのコーナーがそれぞれの味を出していて、
そしてザ・北芝な感じの気張らないにぎやかなお祭りとなりました。
ご来場のみなさん、ありがとうございました!
posted by お宝屋 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。