2009年10月26日

芝樂秋まつり

昨日のどよう会プレゼンツ「カフェ・デビュー」、
盛況に終わりました。

RIMG1028.jpg

ほとんどの時間満席で、閉店前にフード、デザートは売り切れ。
たくさんの方が子どもたちの姿を楽しみにして来られました。
いつもとは違う表情、また、まだまだ子どもらしい斬新な(笑)接客に
終始お客さんも笑顔が絶えない時間となりました。
前半後半とシフトを分けていた子どもたちですが、結局忙しくて
最後まで全員で力を合わせて動き回っていました。ごくろうさま!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、10月の芝樂ではまだまだ楽しいイベントがあります。

10/31(土)「芝樂秋まつり

dakkoku2.jpg

芝樂を含む萱野地域一帯で開催される「お宝まつり」にあわせて、
芝樂会場でも「環境」や「循環」をテーマにした楽しい企画が盛りだくさんです。

このブログでもちょくちょくとお伝えした来た「大豆レボリューション
去年、土づくりから始め、収穫できた豆を使って作った手前味噌の販売もあります!
そのお味噌を使ったおいしいお味噌汁もあるので、みんなで温まりましょう〜

子どもたちの異常な盛り上がりが好評(&大人バージョンもリクエスト高し)の
「おもちゃのかえっこ&オークション」はじめ、人気の布ぞうりワークショップなど、
子どもから大人までが楽しみながら身近な自然や循環社会、農などを意識
できる機会になると思います。

ゼヒ、お宝まつり含め、今週の土曜日は萱野で1日エンジョイしてみませんか?

■■芝樂 秋まつり■■

日時 2009年10月31日(土) 10:00〜15:00
会場 芝樂広場(萱野2-11-4) *雨天決行 *入場無料

○かえっこkaekkoであそぼう!〜いらなくなったおもちゃの物々交換〜

 子どもたちがいらなくなったおもちゃを使って楽しい活動を生み出す
 子どもの遊びシステム。
 「カエルポイント」という世界共通の子ども通貨(あそびの通貨)で
 おもちゃの物々交換を行います。
 
 kaekkoとは? → http://www.geco.jp/kaekko/#

○コミュニティ農園〜まめからみそへ…畑からのおくりもの〜

 ・昨年育てた大豆がお味噌になった!お味噌の販売&お味噌汁
 ・ベジカフェ&ファーマーズマーケット
  能勢で有機野菜を育てるインディーズ農家「べじたぶるぱーく」の
  野菜&それを使った石窯料理などNICOのベジフード屋台
 ・今年の大豆の脱穀体験

○まちの中にある油田〜プラスチック製品の油化〜
 
 リサイクルの仕組みをリアルタイムで目撃!
 ペットボトルのキャップを油化装置に入れたらなんとまぁ“石油”
 になっちゃった!
 *油化装置の実演は12:00〜
 *ペットボトルのキャップ、家にあったらご持参くださいねー。
 
○手仕事ワークショップ

 人気の布ぞうりづくりにチャレンジ!(am10:00〜・要申込)
 着なくなったTシャツや古タオル、古布が布ぞうりによみがえります。
 また、アクリルたわしなど「いこいの家」で作られた手作り製品の
 販売もあります。


*イベントには、マイ箸、マイ食器のご持参、資源の分別にご協力ください。


イベント詳細は→http://www.hcn.zaq.ne.jp/kurashi-net/5_info.html

posted by お宝屋 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

09年10月コラム

ケンタロウの楽しい食事情  文/本澤三智子

健太郎は今年18歳、ダウン症の高校3年生。
ここ北芝ではなかなの有名人、いわゆるスター…?である。
 
彼が通う箕面支援学校は給食があり、毎月の献立表が配られる。
健ちゃんはそれをみんな暗記してしまうのである。彼にとって、給食のメニューは
何より大事で関心度は高いのです。○○曜日はトンカツ、とかカレーライス…とか、
インプットしておく必要があるのだ。

配布当日、チェックが始まり聞けばすぐに答えてくれる。
私は彼のこの行動、“食”に対する執着とこだわりこそが彼を成長させたのだと
思っている。くもんで養ったよみかきの国語力でメニューをたたき込む。
好きなものばかり出る訳でもなく、健太郎の天敵である果物もあり、
その日1日は健ちゃんにとって苦痛の日となるのである。
が、しかし、給食タイムに若い女性の先生が自分の隣に座ろうものなら、
嫌いな果物もエエかっこして食べてしまうのである。
そう、彼は食を通して色気もマスターしたみたい。
 
ダウン症の子はごはんが好きな子が多いと言われ、彼も同様、かなりのお米好き。
お茶碗3杯は軽く、焼き飯をおかずに白ごはんなんかも全然OK!
彼のごはん好きは多くの人に知られている。
 
朝ごはんを食べずに学校へ行く子どもが多いと言われているが、
彼には無縁の話で、がっつり食べ、今日の給食は何やったかな、と考えたり、
そして明日の給食は何やったかな…と、毎日ハッピーなのである。
 
私は彼の誕生を素直に喜べなかったことを、未だに悔んでいる。
育児に打ち込めず、健ちゃんが泣いていても抱っこもしてやれず、彼にとって
私は決していい母親ではなかったはず…。
自分が大事、自分が一番、私は…私が…の人間だったのです。
 
でも今は、健ちゃんを愛しく思う。今現在、子育てを楽しんでいるのかもしれない。
 
この地域で、たくさんの人に囲まれ、健ちゃんは毎日笑顔。
毎月の芝樂市で食べる、“たまごかけごはん”が大好きな健ちゃんです。
 
そんな健ちゃんをはじめ、ハンディを持つ中高生が、10月25日、
NICOのスペースを借りて“カフェ・デビュー”というお店を1日だけ
オープンすることになりました。

みなさん、応援よろしくお願いします。

ken.jpg




posted by お宝屋 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中高生が「カフェ・デビュー」!

気持ちいい秋の天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

この澄んだ空を見ていると、どこか遠くへ行きたくなったり、
なにか新しいことをはじめたくなったり、しませんか?
秋ってやっぱり思い、考えにふける時間なんでしょうか。

そんなことはさておき、今週末のお宝屋はおもしろいですよ〜。

その名も「カフェ・デビュー」
カフェ・デビューがお宝屋デビューしちゃいます。

カフェ・デビューは、地域の中の“どよう会”という中高生が集まって
活動しているグループで、そのメンバーとそれぞれのお母さんたちが
今回はじめてお宝屋で出店することになったのです。

IMG_0072.jpg

今は8名のメンバーがいるのですが、それぞれが持っている個性や
キャラクターに、私は最初から圧倒されっぱなし。
みんなの得手、不得手をそれぞれが助け合いながら、ひとつのことを
目指してがんばる姿には感動も覚えます。
また、職業体験としてだけでなく、日々活動している地域や地域の人に
そんな姿をみてもらいたい、そんなメンバーの意気込みが伝わってきます。

IMG_6807.jpg

メニューは定食がメインで、あとのデザートなどはメンバーが
得意とするマドレーヌやかぼちゃケーキなんかもあります。
結構がっつりと食べられる感じですよ。
↑先日みんなで実際に本番に向けてのシュミレーションをしたのです。
その時にちゃっかり料理もいただきました。

ふだん見ている姿とはまた違った一面、そして何よりも一生懸命がんばっている
子どもたちを、ぜひ見に来てください。

*続いてアップする10月号のコラムは、どよう会のメンバーのひとりの
お母さんが書いてくださいました。ぜひご一読を。

■■カフェ・デビュー■■
日時 09年10月25日(日) 11:00〜15:00
場所 NICO

--menu--
・Aランチ(さつまいもご飯・具だくさん豚汁・肉野菜炒め) 500えん
・Bランチ 上記+デザート・ソフトドリンク 700えん
・デザート数種、ドリンク 300えん〜
 
posted by お宝屋 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

週末ブランチ「små café」

雨がザーザーと降り、湿気に包まれています。
昨日のお昼はあんなに晴れていたのに勢いよく干してきた、
そしてそのままにしてある私の洗濯物をどうしたものか…。

昨日撮った写真。
ちょこんと芽を出した「のぞみカブ」。

nozomikabume.jpg
名前がよろしい。

ichigo.jpg
芝樂市に出店している農家さんから頂いたイチゴの苗。
太陽の光浴びて輝いて見えます。あ、でもそろそろ移植しないと。

さて、来週の日曜日のお宝屋は「små café」です。
スモー・カフェと読むらしく、スウェーデン語でスモーは
“小さい”という意味なんですって。……相撲カフェでは、ないですよ。

demi.jpg

芝樂市や、この地域のイベントではおなじみの菓子名人
デミちゃんが今回の店主。
小さいからだでつくるそのお菓子は、ほんとに優しくてじんわりと
しみわたるような味がします。
和三盆のクッキーや、ドライトマト、オリーブなどを使ったスコーンは
ファンも多く、「さのちゃんのパン屋さん」などに置いてあるときは
早いもの勝ちですぐになくなってしまうんです。

なんというか、私個人的には、ドンピシャ!な味のお菓子を作ってくれるんです。
と言ってもわかりづらいとは思いますが、一度食べた人はこういう
感覚の人多いんではないかな・・。

french.jpg
今回は、初のお宝屋出店ということで、気合い十分のデミちゃん。
しかも、ランチメインのお宝屋ですが今回はブランチにもぴったりの
メニューということで、いつもより少し早目の開店がうれしい。

日曜日、いつもよりゆっくり目を覚ましてそのままお店へ、
焼き立てのクレープやフレンチトーストを。
贅沢!サイコゥ!

■■små café■■

日時  2009年10月11日(日)10:30〜15:30
場所  NICO

--menu--

・フレンチトースト(甘いタイプ・甘くないタイプ)
・スコーン
・クレープ
・珈琲
・紅茶
・シロップソーダ  etc…

*フレンチトーストのパンは「さのちゃんのパン屋さん」のパンを使用
*デミちゃんのお菓子ブログはこちら→http://demili.exblog.jp/

posted by お宝屋 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

09年9月コラム

「みりんへのこだわり」 文/新井智愛

「本みりん ¥398」「みりん風調味料 ¥198」
この違いを知ったのは2008年の5月。私の家にあったのも「みりん風調味料」。
だって同じ「みりん」なら安いにこしたことはないから。
ところがどっこい、私が買っていたのは本物のみりんとは違う製造法で作られた
「みりん代替え品」だったと知った!これにはおったまげ!
ほな、一体どないちゃうねん、っと気になって調べてみたら…

まず「(純米)みりん」の原材料名・・・
@焼酎Aもち米B米こうじ

次に 「みりん風調味料」・・・
@糖類(水あめ、ブドウ糖果糖液糖)A調味料(アミノ酸等)B酸味料(乳酸等)
Cカルメラ色素 (※メーカーによって若干の違いあり) 

そうなんです!驚き桃の木山椒の木でしょ! 
「みりん風調味料」には、「純米みりん」で使う材料の何1つ入ってないんです!
要するにみりん風調味料は、ただのシロップを添加物でみりん風に仕上げただけの
「添加物たっぷり色つきシロップ」で、味も調理効果も本物のみりんとは比較にならないのです。

良いことは何でもお知らせしたい私は、早速みんなに言うと…
「知ってるでー。知らんかったん?」とひと言…。


 添加物たっぷり♪ということを知ってから、「みりん風調味料」より割高だけれど
「お酒を1杯我慢したらすむこっちゃっ♪」と、「純米みりん」を購入している。
「添加物あかん!」と言っているわりにはお酒を飲む…
なんだか矛盾している気がするなー。

でも元気ならまあいいか♪

tie.jpg


posted by お宝屋 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

9/6 キッチン・スー

朝晩、急に肌寒くなりましたね〜
なんだか急すぎて体もびっくりしています。つい何日か前までは
暑すぎて夜眠れないだの、汗かきすぎてどうなんやろうとか
そんな会話ばかりだったのに、今では秋もんの上着だしたとか
朝寒くて目が覚めたとか、そんな話が飛び交っています。

photo.jpg

さて、もうすぐ9月です。学校ももう始りますね。
9月第一週目のお宝屋は、おなじみ「キッチン・スー」です。
毎回手の込んだ料理や、品数の多さで定評のあるグループ。
みなさん中学生くらいのお子さんがいて、もう動きもテキパキ。慣れてはる!


夏休み明けの日曜日夏の暑さで疲れた胃を休めにいらっしゃいませんか?

photo2.jpg

季節感を大切に、そしてたっぷりの野菜を使った、からだに優しいメニューです。
おひとりでも、お友達同士でも、お子様と一緒に御家族でも、皆さんに
喜んでいただけるお料理をゆったりとした空間でお待ちしています。

■■kitchen Suu■■

日時 9月6日(日) 11:00〜15:00
場所 NICO

●Aランチ(1500円)
メイン料理・副菜数品・五穀米・冷製スープ・デザート・ドリンク
●Bランチ(1100円)
 メイン料理・副菜数品・五穀米・冷製スープ(ドリンク+100円)
●お子様ランチ(800円)  

posted by お宝屋 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

収穫と種まき

レボ畑にもようやく収穫の喜び。
そして、再び人参の種植え。

tanemaki.jpg

この日はさほど陽も照っていなかったので作業はわりと楽ちん

keke.jpg
にも関わらず全身防備の日焼け恐怖症の方。流行りのブーツインならぬ
ソックスインが眩しいです。スコップは投げるものではありません!

daizu.jpg
大豆も順調に育って実をつけていました。
来月ごろには枝豆もとれるでしょう。

tomato.jpg
念願のトマトも少しずつ赤くなってきました!

kaeru.jpg
支柱に住んでいるカエルさんも喜んでくれています、たぶん。

haruka.jpg
ごきげんさんだったこの方もきっと喜んでくれています。

syukaku.jpg
この日収穫したもの。うれしい〜
赤紫蘇はジュースにしました。

hatake.jpg
そろそろ秋まき野菜の種まきが待っています。

posted by お宝屋 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レボ畑菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

09年8月コラム

「おはなしや」はじめました  文/おはなしや照美

私の実家は書店です。
将来、夫婦で実家の書店を継ぎたいと考えていたところ、出会ったのが
NICOさんの“カフェ起業講座”でした。
「カフェと本屋でジャンルは違うけど参加させてください!」と
お願いしたところ、快く受け入れてくれました。
どうもありがとう。

講座の中で問われたことは、自分たちが将来書店を経営するとき、
「何がしたいのか」ということ。
その時の私たちはうまく答えられませんでした。日々の業務に追われて、
自分たちにできること、したいことが見えなくなっていたんだと思います。

講座終了後も、“にっこりーズクラブ”という形でみんなで集まって
わいわいごはんを食べる場ができ、これが私にとってはとても新鮮で楽しい時間でした。
みんな食いしん坊で本当においしそうにごはんを食べます。
私もその中でごはんを食べるうちに、いつしか「いまの自分にできることをして、
楽しんだらいいんだな」と思えるようになったのです。

年が明けると、さのちゃんが「さのちゃんのパン屋さん」を始めたり、
でみやんが朝市で「はちみつクレープ屋さん」を始めているのを聞いて、
今の私ができることは何かなあと考えてみました。

「そうだ!絵本の朗読をしたらどうかな?ただ朗読するだけじゃなくて、
夫にピアノを弾いてもらったら楽しいかも」

ちょうどその時、仲良しのお客さんから「葉っぱのフレディ」という
絵本を薦められました。
そこには、“いのち”の循環がやさしい言葉で描かれていました。
物語は、この春生まれたフレディと親友のダニエルを中心にすすんでいきます。
フレディとダニエルはお互いに育てあいながら成長し、楽しい夏を過ごします。
やがて秋を迎え、フレディの体は鮮やかに紅葉する一方、心では
もうすぐ来る冬に自分が死ぬということを自覚します。
それはフレディにとって、受け入れがたいことでした。
仲間が一枚ずつ枝を離れていく中で、フレディははじめて、
自分が生まれてきた意味を考え始めます。


私もフレディと一緒に、自分が生まれてきた意味を考えてみました。
まだ答えはみつかっていないけれど、案外家族や友だちと食べるごはんや、
道端に咲く花、木の中から聞こえてくるセミの声なんかにヒントが
あるのかもしれませんね。

朗読とピアノの「おはなしや」ライブ。
いつかNICOさんのあったかいごはんを食べながら、みんなに聞いてもらえるよう、
いっぱい練習しようと思います。


kami.jpg


posted by お宝屋 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おにぎりコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。